タバコを吸いたい気持ちは長くは続かない

タバコを吸いたい気持ちは長くは続かない

チャンピックス(禁煙治療薬) “完全にタバコから解放される”為の禁煙方法【リラックス禁煙法】

 

チャンピックス禁煙外来12週間パック

僕が成功した、薬を使った禁煙法です。僕が試した中で最も禁煙しやすかった方法でした。とても合理的に禁煙に成功できると思います。使用方法は当サイトで紹介しております。

薬剤や道具を一切使わない禁煙法です。薬や道具はあくまで補助的な役割に過ぎませんので、本質的に頭の思考回路を禁煙モードにするために有益な方法です。

タバコを吸いたい気持ちは長くは続かない

チャンピックスを内服していても、
禁煙後のはじめの1カ月はタバコが欲しくなる波は訪れると思います。
チャンピックスを内服していることで禁断症状は抑えられていますが、
それでもタバコが欲しくなるものです。
特に最初の1週間は大変だと思います。
そこでひとつ覚えてもらいたいことがあります。

 

タバコが吸いたい気持ちは長くは続かない

 

タバコを欲する気持ちは不意に現れ、不意に消えるもので、この間は数分のものです。
少しの間、我慢すれば吸いたい気持ちはすぐに消えてなくなります。
タモリはタバコが吸いたくなったら15数えることで禁煙したと言っていますが、
これはとても理にかなっています。
具体的には吸いたくなったらガムを噛んだりアメを舐めたり、
他のことを考えるようにするといいと思います。

 

・・・それでも、その一瞬でも我慢できない。
やはりストレスがかかった時など無性にタバコが吸いたくなるときはあります。
自分もそうでしたので、その辛さはわかります。
でもさらにこのことを覚えておいてください。

 

タバコが吸いたくなる衝動は、禁煙生活が長ければ長いほど軽くなっていく

 

今タバコが吸いたい気持ちを耐えれば、
次波が来たとしても今ほどではない筈です。
禁煙後2日目の禁断症状と、
禁煙後2週間後の禁断症状では天と地との差ほどです。
特に禁煙後1カ月を過ぎればかなり余裕になってきている筈です。
禁煙3カ月達成すれば、あとの禁煙維持はそう難しくはない筈です。
辛いのは今だけ、そう思って耐えましょう。


ホーム RSS購読 サイトマップ