なぜ禁煙が難しい?

なぜ禁煙が難しい?

チャンピックス(禁煙治療薬) “完全にタバコから解放される”為の禁煙方法【リラックス禁煙法】

 

チャンピックス禁煙外来12週間パック

僕が成功した、薬を使った禁煙法です。僕が試した中で最も禁煙しやすかった方法でした。とても合理的に禁煙に成功できると思います。使用方法は当サイトで紹介しております。

薬剤や道具を一切使わない禁煙法です。薬や道具はあくまで補助的な役割に過ぎませんので、本質的に頭の思考回路を禁煙モードにするために有益な方法です。

なぜ禁煙が難しい?

ニコチンを欲する理由

タバコに含まれるニコチン。
ニコチンは脳内神経伝達物質の一つであるアセチルコリンと同じ働きをして、脳を覚醒させる。
常にタバコを吸ってる人は常にニコチンを摂取しているため、
アセチルコリンの働きを鈍らせてしまっています。
喫煙者は非喫煙者に比べてこのアセチルコリンの刺激が鈍くなってしまってるんで、
ニコチンを摂取しなければ脳が覚醒しなくなってしまっています。
だから体はニコチンを欲するようになってしまうと言われているんですね。

 

 

禁煙にはいくつかの壁がある

一言に「禁煙」と言っても、理論上は4つの大きな壁があるとされております。
ズバリ禁煙開始後、1日、3日、3週間、3ヶ月。
3ヶ月以降になればほぼ離脱症状もなくなっているので、
そこから先の禁煙維持はそう難しいことではないです。

 

 

Step1 禁煙1日目

ニコチンの半減期との戦いです。
禁煙への第一歩であり、一番の壁でしょう。
ニコチンの半減期は30分程度であり、
喫煙が習慣となっている方は
喫煙後30分後には喫煙したくなるのが一般的です。
体内にニコチンが入ってこないことで、体がニコチンを欲します。
これはほんとに辛い。

 

 

Step2 禁煙2日〜3日目

ニコチンの半減期は30分程度ですが、体から完全に抜けきるまでは3日を要します。
初日以上にこの2日目、3日目はキツイ。
しかしながら、ここを乗り越えれば禁煙のハードルは一気に下がる。
そしてこの頃より飯が格段に美味くなったりと、禁煙効果が現れ始めてきます。

 

 

Step3 禁煙4日〜3週間目まで

ニコチンが抜けきればそれでいいというものではなく。
アセチルコリンが正常な働きに戻るまで3週間かかる。
禁煙当初ほどの辛さはないものの、なんとなくタバコが欲しくなる波が訪れる。
さらにこの時期は気が緩みやすく、ここで禁煙に失敗する人も多い。
事実僕自身、数年前にトライした1度目の禁煙はここで挫折した。

 

 

Step4 禁煙1ヶ月〜3ヶ月目まで

ここまでくると理論上の禁断症状はほとんどなくなっていると言える。
ほとんどタバコを吸わなくても大丈夫な体になっています。
物理的にタバコを欲する時期はもう過ぎ去っており、
あとは行動記憶との戦いということになります。
この行動記憶が消えるのが個人差はあるものの概ね3ヶ月。
禁煙外来における禁煙補助薬の投与期間が3ヶ月とされているのは、このためです。

 

 

以上、禁煙を難しくしている理由でした。
では敵を知った上で次にどう戦っていくのかを紹介していきます。

 



ホーム RSS購読 サイトマップ